ママチャリ通勤

投稿日 : 2005年10月12日 水曜日

昨晩帰りに小雨が降っているし、雨具を忘れたし、
通勤3号は磨いたばかりだし、4号は車輪トラブルがあるしってことで、お店の買い物エキスプレス!ママチャリで帰ることにした。
 走り始めてややもすると、やっぱスポーツ車より進まないなーって感じ。
5キロぐらい走ったところですでに後悔。通勤距離の半分、7㌔位から苦痛になり、10㌔を越えたあたりから拷問のよう。
それでも等ママチャリは、宮田のアルミフレームで、7段変速付きの4万何がし、エアーのしっかり入れてあるし、お店周辺の買い物や銀行への用足し等には重宝していたのだ。
 ママチャリは4㌔までの乗り物とはよく言ったものだ。当たっている。
 とくに距離は走る持続性がない。登坂が苦手!同じ勾配でも3倍のエネルギーが必要って感じ。平地でもこぎ続けないと走らない。
 まるで軽トラでのドライブのようだ、軽トラもロングドライブや、高速道路、ましてや登坂車線が恐怖なのが良く似ている。
 サイクリング道路の車道をくぐるガードのスロープで失速してあの勾配がなんともきつい。平坦でも緩やか登りを上っているかのような抵抗。
 もちろんダイナモの抵抗もあるが、消して走ってみても大差ない。
 特に等ママチャリのダイナモは軽さが売りなのだ。
 感覚としてはママチャリで2時間走り続けるのと、のりくらのヒルクライムが同じぐらいかな。
 ちなみにいつもの通勤車でのんびり走って45分のところ、75分ぐらいかかっって結構疲れました。
 ママチャリのおばさん。あなたは結構すごいかもしれません。
 乗ってきてしまったので乗って帰らなければならない。とっても憂鬱!
 ママチャリしか乗ったことがない皆さん。一度ちゃんとしたスポーツ車に乗ってみてください。世界が変わります。本当ですよ。
 ちゃんとしてないスポーツ車もどきはママチャリ以下なのでご注意!

カテゴリー:自転車通勤
タグ:

自転車通勤カテゴリの最新記事

コメントをどうぞ