13/01/18 自転車通勤 (夜)

投稿日 : 2013年1月31日 木曜日

厳寒の夜
DSC06369
お店を閉めている段階で尋常な寒さではない!
今日に限ってインナーグローブを持っていない・・・・・
スポーツバルムのホットバルムを手足の末端につける事にしました。

足が心配
DSC06370 DSC06371
ソックスも一重では心配なので、一足おろしました。
その上にウィンターソックスの重ねばきです。
もちろん指先にはスポーツバル無を塗って・・・・・

完全凍結
DSC06372
ここまで寒いとかえって滑りません。
もちろんスパイクタイヤですから安心です。
あきらかに気温は低いのですが、ホットバルムのおかげで手足はほっかほか!
効果を出すにはじゅうぶん手足を暖めてから塗布するのがポイントです。
足先にうっすら汗をかきそうです。

新記録
DSC06375
いつもの温度計が-12℃を表示しています。
(翌朝穂高の最低気温は-13.5℃でした)
私がこの温度計で見た最低気温です。
18年の自転車通勤の中でおそらく新記録でしょう。
今年は寒い!

インナーグローブなし
DSC06377
ホットバルムのおかげで指先がかじかむことなく走れました。
前日のインナーグローブ使用、ホットバルむなしより暖かい気がします。
両方あれば-15℃まで大丈夫?

ウインターシューズ
DSC06378
ホットバルムと二枚重ねのソックスでこれもまたほっかほか、効果絶大!
(あとでお風呂に入るとき多少ヒリヒリしました)
最近のGORE‐TEXシューズだともっと暖かいでしょうね?

気を付けよう暗い夜道と氷の轍
DSC06380
この氷の轍を踏んでしまうと一瞬滑ります。
最もノーマルタイヤだと一瞬にして吹っ飛びます。
転ばぬ先のスパイクタイヤで、今年はずいぶん助かりました。
もちろん明るいCATEYE HL-EL625 が照らしてくれるので安心です。
備えあれば憂いなし!

自転車通勤カテゴリの最新記事

コメントをどうぞ