自転車通勤

自転車通勤の伝道師「三谷寛志」が伝える、自転車通勤マスターへの道


1年ぶりのママチャリ通勤

投稿日 : 2006年11月16日 木曜日

しつこいけど今日の出勤もママチャリ。
 大きすぎる椅子(もはやサドルではない)でウチモモがすれて痛いです。
 どうにも1時間かかりますね。またこの苦痛を忘れるまで
ママチャリ通勤は無いでしょう。

カテゴリー:自転車通勤
タグ:

1年ぶりのママチャリ通勤

投稿日 : 2006年11月15日 水曜日

昨晩帰りに雨が降っているし、合羽や泥除けを忘れたし、やむなくお店の買い物エキスプレス!ママチャリで帰ることにした。
 わかっていることで覚悟はしていたが、やっぱスポーツ車より進まない。
 6キロぐらい走ったところで筋肉への負担がはっきりわかる。
 ちなみに、翌日(書いている今現在)筋肉疲労は顕著!
 それでも等ママチャリは、宮田のアルミフレームで、7段変速付きの4万何がし、エアーのしっかり入れてあるし、お店周辺の買い物や銀行への用足し等には重宝している。
 ママチャリはやはり4㌔までの乗り物。スポーツバイクの5倍くらいの疲労感だ。通勤距離14kmだが、先日通勤4号で遠回り(50km)走ったときより足にきている。
 通勤4号(アビオス)での通勤時間は40分ぐらい。
 昨日ママチャリでの時間は60分。
 本当に軽トラでのドライブのようだ、できればごめんこうむりたい。
 ちなみに、先日5キロくらいの通勤ママチャリでは辛いとおっしゃってアビオスを購入されたお客様はその走りの違いに驚き、今では塩尻峠、杖突峠経由で高遠、伊那まで行って松本まで帰ってきたそうです。(150km位)あるかな?
 ママチャリしか乗ったことがない皆さん。一度ちゃんとしたスポーツ車に乗ってみてください。世界が変わります。本当ですよ。
 ちゃんとしてないスポーツ車もどきはママチャリ以下なのでご注意!

カテゴリー:自転車通勤
タグ:

MTB通勤

投稿日 : 2005年10月12日 水曜日

昨日ママチャリで帰宅したので、また乗っていかなければならないが、今日好天と追い風に、チャンスとばかりママチャでお店まで来ました。
 56分追い風参考?昨晩より早い。あ~疲れた。
またこれからかえらねければならない。向かい風の中!今度は通勤号だぞ!

 帰りはかなりの向かい風、しかしスタート後500メートルで勝利を確信
 実は病み上がりのため、自転車が重いのではなく本人が重いのではと心配していたが、そんなことは殆どなさそう。
道路脇ののぼり旗がばたばたと真後ろにたなびくほどの向かい風なので多少きついが、追い風のママチャリよりアベレージが高い。
 加速が歴然の差、一度スピードに乗せればキープするエネルギーにも大きな差を感じた。苦痛はなく楽しいペースで無事家に到着。
 タイムは40分調度。なんと16分も早く、疲労感も少ない。
 行きで出た疲労がかえって緩和されているのには超驚き。
 おそらく、風の条件が同じであればもっと差が出たに違いない。

みなさん。スポーツ車に乗りましょう

カテゴリー:自転車通勤
タグ:

MTB通勤

投稿日 : 2005年10月12日 水曜日

昨日ママチャリで帰宅したので、また乗っていかなければならないが、今日好天と追い風に、チャンスとばかりママチャでお店まで来ました。
 56分追い風参考?昨晩より早い。あ~疲れた。
またこれからかえらねければならない。向かい風の中!今度は通勤号だぞ!
 帰りはかなりの向かい風、しかしスタート後500メートルで勝利を確信
 実は病み上がりのため、自転車が重いのではなく本人が重いのではと心配していたが、そんなことは殆どなさそう。
道路脇ののぼり旗がばたばたと真後ろにたなびくほどの向かい風なので多少きついが、追い風のママチャリよりアベレージが高い。
 加速が歴然の差、一度スピードに乗せればキープするエネルギーにも大きな差を感じた。苦痛はなく楽しいペースで無事家に到着。
 タイムは40分調度。なんと16分も早く、疲労感も少ない。
 行きで出た疲労がかえって緩和されているのには超驚き。
 おそらく、風の条件が同じであればもっと差が出たに違いない。
みなさん。スポーツ車に乗りましょう

カテゴリー:自転車通勤
タグ:

ママチャリ通勤

投稿日 : 2005年10月12日 水曜日

昨晩帰りに小雨が降っているし、雨具を忘れたし、
通勤3号は磨いたばかりだし、4号は車輪トラブルがあるしってことで、お店の買い物エキスプレス!ママチャリで帰ることにした。
 走り始めてややもすると、やっぱスポーツ車より進まないなーって感じ。
5キロぐらい走ったところですでに後悔。通勤距離の半分、7㌔位から苦痛になり、10㌔を越えたあたりから拷問のよう。
それでも等ママチャリは、宮田のアルミフレームで、7段変速付きの4万何がし、エアーのしっかり入れてあるし、お店周辺の買い物や銀行への用足し等には重宝していたのだ。
 ママチャリは4㌔までの乗り物とはよく言ったものだ。当たっている。
 とくに距離は走る持続性がない。登坂が苦手!同じ勾配でも3倍のエネルギーが必要って感じ。平地でもこぎ続けないと走らない。
 まるで軽トラでのドライブのようだ、軽トラもロングドライブや、高速道路、ましてや登坂車線が恐怖なのが良く似ている。
 サイクリング道路の車道をくぐるガードのスロープで失速してあの勾配がなんともきつい。平坦でも緩やか登りを上っているかのような抵抗。
 もちろんダイナモの抵抗もあるが、消して走ってみても大差ない。
 特に等ママチャリのダイナモは軽さが売りなのだ。
 感覚としてはママチャリで2時間走り続けるのと、のりくらのヒルクライムが同じぐらいかな。
 ちなみにいつもの通勤車でのんびり走って45分のところ、75分ぐらいかかっって結構疲れました。
 ママチャリのおばさん。あなたは結構すごいかもしれません。
 乗ってきてしまったので乗って帰らなければならない。とっても憂鬱!
 ママチャリしか乗ったことがない皆さん。一度ちゃんとしたスポーツ車に乗ってみてください。世界が変わります。本当ですよ。
 ちゃんとしてないスポーツ車もどきはママチャリ以下なのでご注意!

カテゴリー:自転車通勤
タグ:
Page 180 of 180« First...150160170«176177178179180