“あゝ野麦峠”の独り言 その49

投稿日 : 2014年4月18日 金曜日

久しぶりの宝来屋
P1020121
あゝ野麦峠でお馴染みの工女宿です。
以前毎日のように通っていたので、館長に体調を心配されました。
通うことが半分義務化されたようですね・・・・・?

懐かしい
P1020122
久しぶりです。
ここは何故か落ち着きます。
日本人のDNAに刻まれているのでしょうか?

牛首
P1020126
昔の糸巻きです。
牛の首のような形なのでこの名が付いたようです。
いつの時代のものなのでしょうか?

桜と宝来屋
P1020127
標高の高い奈川では初夏の風景だったでしょう?
あゝ野麦峠新緑編ですね。
長野県は長い間桜を楽しめます。

店長の独り言カテゴリの最新記事

コメントをどうぞ