カスティールサイクルクロスマツモト 7

投稿日 : 2012年11月27日 火曜日

恐怖の階段


段差が不均一の階段を目にも止まらぬ早業で駆け抜けます。
弘法も筆の誤り?プロライダー達もこの恐怖の階段に足を取られます。
しかしながら、この大迫力を目の当たりにできる松本市民は幸せです。
それにしても辻浦選手、素手です。
何か訳でもあるのでしょうか?

イベントレポートカテゴリの最新記事

コメントをどうぞ