2012 野麦峠まつりに参加しよう レポート 7

投稿日 : 2012年6月18日 月曜日

村の男衆
IMG_0953
工女たちの行列を村の若い衆は楽しみにしていたそうだ。
なにせ若い娘たちが綺麗な着物を着て大勢通るとなれば、
いつの時代の男衆もワクワクするのは当たり前!
大雪の時には、力自慢の若い衆が先頭で雪を踏みかため、
工女たちの歩く道を作ったそうだ。
しかも歩けなくなった娘をおぶって、駄賃が稼げるのならば。
駄賃をもらっても、別れるときは切なかったそうだ。

村の女衆
IMG_0954H
毎年、綺麗な着物とお化粧をして飛騨へ帰る娘たちに憧れ、
岡谷の工場に行きたくなるながわの娘もいたそうです。
実際、ながわからも多くの娘が働きに行ったそうです。

急勾配
IMG_0955H
ここが一番の難所だろう。
今は階段になっているが、当時はあるはずもない。
ましてや雪の冬越えは足元が滑り一苦労であったでしょう?

休憩時間
IMG_0956H
いつの時代も少女たちの休憩は賑やかだったでしょう。
もちろん命懸けだった明治時代は気を抜けなかったでしょうが、
それでもやっぱり、娘たちは賑やかだったようです。

イベントレポートカテゴリの最新記事

コメントをどうぞ