2006暖かい所ツーリング

投稿日 : 2006年3月9日 木曜日

レンタカー
117
今回初めてクラブで借りたレンタカーにて目的地に行きました。結構良かったので次回もそうしましょう。


輪行袋
118
この状態で車に積みました。そうすればこのまま電車に乗せることが出来ます。

集合其の一
121
天竜峡にて
まだみんな元気です。この先の苦難など想像だにしてません。

集合其の二
122
指針を撮った人が写らないのでもう一枚!こっちもみんな楽しそうです。

絶壁の家
123
これは凄い!まさに絶壁!
この家どうやって建てたのだろう?この先このような家が沢山あった。

車内
129
所狭しと輪行袋、他のお客様の迷惑にならないよう気を使って一番後ろを陣取りました。

切符
146
天竜峡~大嵐
一番景色のいいところです。
こんなところによく鉄道を通したものです。650円也

車窓
148
皆、車窓の景色に大興奮!
これから走る世界に期待と不安

小和田
149
こわだです。おわだではありません。
しかしながら雅子様ブームで一時は大フィーバー(死語)になり駅前に結婚式場も出来たほど!
今は3県境のひっそりとした駅です。
しかしながら、この駅は本当に凄い!
この後自転車でこの駅を訪れるのだが・・・・・

大嵐
150
おおあらしではありません。おおぞれです。
この写真は当日のものではなく視察のときに撮影したものです。
しかしながら飯田線の駅舎としてはハイカラで待合室も立派でした。

出発
151
いよいよスタートです。
この後の地獄(天国?)への道を誰が想像したでしょう?
日差しはすっかり春でしたが、まだちょっと肌寒かったですね。

コーヒーショップ栃の木
154
この辺には食事が出来るところがここしかない。
マスターは村の公募で村外から来たらしい。

ブランチ
155
さあ皆でブランチ!
腹いっぱい美味しいものを食うぞ!あれ!食事の写真がない!
旨くて写真取ってるどころではなかった?

パンク
157
むらさわさんパンク1号
それにしてもぽつぽつ細かい落石がありました。
多分そのせいでしょう?

お猿さん
158
パンク修理していたら土手の上からお猿さんが見物していました。
何か食べてる
お猿さん人間から奪ったもの何か食べてるぞ?

駅前通り
162
この激坂はいったい何?
これは駅一番の繁華街から駅に続く道です。
これを歩けば1時間下っていくと小和田の駅です。
まともに乗車して下ることが出来ません。
日本一の秘境駅だそうです。

小和田の駅舎
165
なかなか風情があります。
雅子様の御成婚のときはこの駅もにぎわったそうです。
なんと結婚式も行われ式場も立てられたそうです。

心霊写真
166
この写真は怖い!
何か写っています。

アタック隊
167
このあとアタック隊が待ち受けていたものは地獄の激坂!はたして何人が生き残ったのか?

元気君でも・・・
168
この坂はつらい!
クラブ一番のタフガイたとえ元気君でも
駅から自宅まで毎日通勤で登っていたらつわものになりますな!

最後の難関
169
最後が階段になっている。
元気君笑顔もやや疲れ気味?それにしても地獄坂でした。

王様の担ぎ
170
最後の階段を担ぎ上げ!
力を振り絞りました。
それにしても凄かった。

まいりました
171
イヤーまいりました。
これマジきついっす!

疲れました。
172
笑顔がもひきつる急勾配!
本当に疲れました。
これははっきり言ってキツイ!

ゾンビ
173
アタック隊の皆は生きるしかばね状態になりました。

中井侍
175
この駅名
近くに中井と言う侍が住んでいたとのことで付いたそうです。
めずらしい駅名です。

安○さん
177
コースの途中に○藤さん発見!?
ちっと似てませんか?え!どの○○さんって?
これに似ている人ですよ・・・

ヘルメットを被った○○さん
178
こんな感じでいかがでしょうか?
似合っていますね。悪乗りが過ぎたようで・・・・・

恐怖の吊り橋
187
恐怖の吊り橋シリーズ?のはずが、昨年の大井川のものと比べちょっと拍子抜け。
下が金網メッシュでシースルーなのだが、橋が安定している為安心感があった。

皆で乗っても大丈夫
188
丈夫な橋です。
余裕に表情です。特に昨年を経験してる人はわざと揺らしたり、飛び跳ねたり・・・・・

橋の遠景
189
こんな感じです。今度一緒にわたりましょう。

橋を渡る元気
190
もともと吊り橋に強い元気君
今日も元気にはしゃいでいました。

竜田橋
191
次に目指すは田本駅
それにはこの橋を渡らなければならない。
他にもルートはあるがいずれも険しい。
この橋わたるとシングルトラック(獣道)本当に駅があるのか心配で実は視察のとき間違ったと思い引き返し、結局駅には辿り付くことが出来なかったのだ。

田本駅遠景
192
これが田本駅、本当に断崖絶壁にある。本当にビビリます。言葉を失います。
アプローチもさることながら本当にトンネルとトンネルの間のわずかなスペースしかありません。
ここで乗り降りする人が本当にいるのかと疑うほどあたりにひと気がない。
こんな駅、他にはないだろう。

本当に駅です。
193
ちゃんと営業駅です。
快速だって止まるのがあるらしい。

ついに死人???
194
疲労の為か動かなくなりました。

狭いホーム
196
これがホームの幅です。
それにしても元気君元気です。
ちなみに後25キロ程度走る予定でしたが、全員ここでよし!って弱気な発言を・・・
ここからゴールまで再び輪行と相成りました。

こんなところにもお猿さん
197
またしてもお猿さんが?やはり人里離れた秘境駅ならではですね?

お猿の視線
198
お猿さんから見た風景
こんな感じなんですね人間は

これにて終了
202
皆で記念撮影です。お疲れ様でした。

番外編 幽霊列車
204
時刻表には載っていない幽霊列車がやってきました。
この駅には停車しない快速列車です。しかしながら接近を知らせる警告も何もない。

番外編 拡大版
205
今度こそ最終回です。
記念写真大きくしました。

ツーリングレポートカテゴリの最新記事

コメントをどうぞ